換気でコロナ対策(学校・病院編)

ここまで3回に分けて環境別・窓別の換気方法を書いてきましたが、最後に、学校や病院などで多く使用されている2種類の窓での換気方法について紹介します。

自然換気窓/バランスウェイ

スイッチ操作で窓をあけることで換気が可能です。停電時にはハンドル操作で窓の開閉をすることができ、通常と変わらず自然換気を行うことができます。

換気小窓(内倒し型)

ツマミを押し下げることによるワンタッチ操作で換気が可能。窓を閉めた状態で換気ができます。

この記事を書いている2021年1月12日時点では1都3県が緊急事態宣言下にあるなど、まだまだコロナ終息の見込みは立ちません。換気によってクリーンな空気を保ち感染を防止してください。

関連記事
→換気でコロナ対策(住宅編)
→換気でコロナ対策(集合住宅編)
→換気でコロナ対策(オフィス編)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA