換気でコロナ対策(集合住宅編)

戸建住宅での換気方法は紹介しましたが、今回は集合住宅での換気方法を紹介します。マンションの一室をオフィスとしている方も少なくないと思いますのでご覧いただき是非ご活用ください。

たてすべり出し窓(スリット換気仕様)

小さな開口寸法なので安心して窓開けができる窓種です。

袖たてすべり出し窓(スリット換気仕様)付引違い窓

袖部に設置されたたてすべり出し窓で、引違い窓を開けずに換気ができます。

換気框(かんきかまち)

ツマミをスライドさせるとスリットが開閉し、窓を開けずに換気することができます。

換気小窓

窓を閉めた状態で、上部にある小窓で換気することができます。片引き方式で小窓締まりを「開」にし、ガラス戸をスライドすることで換気ができます。

換気機能付き通風ドア

室内側の操作ツマミをスライドすることで、玄関ドアを閉じたまま換気をすることができます。

片開きドア(ロック機構付きドアガード)

ドアを少しだけ開けた状態で固定して換気をすることができます。

今回紹介したドアや窓と『オフィス編』で紹介したものは、どちらもビル用商品として分類されまていまうす。ですので、集合住宅編で紹介したものがオフィスビルで使われていたり、またその逆の場合もあります。是非そちらの記事も併せてご覧ください。
→ 換気でコロナ対策(オフィス編)

関連記事
→換気でコロナ対策(住宅編)
→換気でコロナ対策(学校・病院編)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA