「抗菌・抗ウイルス仕様 クレセント/サポート引手」オプション部品発売

YKK APでは2022年2月7日より、住宅用引違い窓のオプション部品として、抗菌・抗ウイルス加工を施した「クレセント」と「サポート引手」を販売を開始しました。

新築住宅へのオプション採用や、既存住宅に設置されている引違い窓の操作部品の取替を行うことで、製品を清潔に保ち、快適で衛生的な環境づくりにも役立てることができます。

昨今、新しい生活様式においては「こまめな換気」が推奨され、換気・衛生意識の高まりに繋がっており、窓を開閉する回数や頻度も増加しています。そのような背景を受け、引違い窓の開閉の際、人の手が直接触れる部分に抗菌・抗ウイルス加工を施した操作部品の販売になります。

対象は、住宅用引違い窓の操作部品のうち「クレセント」「サポート引手」で、SIAA(抗菌製品技術協議会)の抗菌加工および抗ウイルス加工の認証を取得(※1)しています。クレセントはノブとクレセントロックに、サポート引手は操作引手に塗装を行い、製品の表面上における細菌の増殖を抑制する抗菌加工と、製品上の特定ウイルスの数を減少させる抗ウイルス加工を施しています。

なお、YKK AP商品をお使いのお施主様を対象に交換部品やスペアキーを販売するオンラインショップ「Parts SHOP」でも当部品を取り扱っています。既存住宅に設置された引違い窓のクレセント交換に対応可能な、汎用性のある「取替用クレセント」などを用意しており、お施主様ご自身での取替が可能です。

この商品をはじめとして、YKK APでは今後も抗菌・抗ウイルス仕様の操作部品において、住宅用部品のバリエーション拡充や集合住宅、オフィスビル用商品の部品へも展開を図り、衛生強化に貢献する安全・安心な設定を進めていく方針です。

※1:SIAAにて以下の抗菌・抗ウイルス加工認証を取得しています。

まだまだ蔓延しているコロナウイルスへの対策のひとつとしていかがでしょうか。商品についてのご質問はスタッフまで気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA